ムラナカ日記

内面への沈潜。

インドカレー屋にて

今夜はクリスマス・イヴだったが、夜を共に過ごしてくれる恋人などもいないので、一人で近くの植物園のクリスマスイルミネーションを見に行った。 植物園は普段の昼間からは想像もつかないほどの人でごった返していた。普段は道ばたに咲いた可憐な花々にもろ…

我、ウイスキーニ酔フ

結局彼女は自分には向いていなかったのだと、フラれてよかったのだと、この数日間、私は自分に言い聞かせてきた。それなのに、もう諦めたのだと思っていたのに、昨日数日ぶりに彼女に会ったとき、再び心が揺れ動いてしまった。 昨日は研究室内の数名が集まっ…

小雪ふる比叡山

今日は5日ぶりに自炊をした。今日まで自炊がままならなかったのは、忙しかったからというのもあるが、正直に言えば、一人で食べるのが心細くて家で食べる気にはならなかったからである。 5日ぶりの食事。ホッケに里芋の煮物。あとは無性にお雑煮を食べたくな…

ビワの花

財布にお金がほとんど残っていないことに気づき、昼前に研究室を抜けて、近くの郵便局へとお金を下ろしに行った。 最寄りの郵便局は、研究室の建物を出て大学内の畑の間を北へ伸びる道を行き、門を出たすぐ前のバス通りを渡って、住宅街の中をもう少し北へ進…

気持ちを楽にもつには

不思議なもので、彼女のことはもう諦めようと一旦認めてしまうと、急に気持ちが楽になってくる。苦しいのは振られたことではなく、諦めたくないという気持ちと、もう無理なのかもしれないという迷いの中で巻き起こる、葛藤なのであろう。 自分の限界を認めて…

ひとり研究室残り、物思いに沈む

昨日の投稿から1日が経ち、落ち着いて自己について省察してみると、もうすでにかなり疲れている自分がいることに気がついた。昨日彼女に電話をして話したくなったのは、無意識のうちに、諦めるための決定的なものを求めていたからなのかもしれない。 あれこ…

私はなぜブログを始めるのか

人はなぜ、ブログを書くのだろうか。人それぞれに、様々な理由があろう。 高校時代の友人の場合は、「盆栽という趣味をもっと世の中に広めたい」という理由で盆栽ブログを始めていた。現在彼のブログは読者が順調に増加中とのことであり、ひと月前に彼と話し…