読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムラナカ日記

内面への沈潜。

インドカレー屋にて

今夜はクリスマス・イヴだったが、夜を共に過ごしてくれる恋人などもいないので、一人で近くの植物園のクリスマスイルミネーションを見に行った。

植物園は普段の昼間からは想像もつかないほどの人でごった返していた。普段は道ばたに咲いた可憐な花々にもろくに気を留めていないくせに、クリスマスのときだけ植物園にやって来て「わぁ、綺麗」だなんて、なんて罰当たりな連中なんだと僻み全開で思いながらも、これはこれで良いものだなと満足して私は植物園を後にした。

家に夕飯のおかずは残っていたが、寒かったからか無性にナンのカレーを食べたくなり、植物園のそばのインドカレー屋に入ることにした。

店の中は思ったよりも混んでいた。「何名サマデスカ?」とインド人の店員に聞かれ、恐る恐る一人と答える。「クリスマスなのに一人かよ」という視線を店内の客数名から感じながらも、私は一つ空いていたカウンター席に案内され席についた。

私はカウンターの端の席で、隣には外国人が一人、そのまたさらに奥には大学生くらいのカップルが座っていた。隣の外国人が店員と話す。全く理解できないので、英語ではなさそうだった。

心身ともにすっかりと冷え切っていた私は、思いきって隣の外国人に話しかけてみることにした。こういう時、どう話しかければよいか。簡単である、こう切り出せばよい。

“Do you speak Japanese?”

日本語はちょっとだけだと言うので、私は英語で話すことにした。さっきの店員とのやり取りは何語かと問うと、ヒンディー語だということだった。どうりで全く理解できないわけである。「クリスマスなのに恋人はいないのか?」と聞かれたので、告白したがフラれたのだと話した。

そこからの会話が面白かった。どうやら彼は私の大学の工学部の教授だということが判明した。凝縮系物理の理論が専門だというので超伝導とか超流動の研究かなと思いきや、彼の研究室のWebページを見せてもらうとグラフェンの絵が描かれていた。私も卒研時代はナノカーボンを扱っていたので、「斎藤理一郎先生は知っているか?」と尋ねたら、当然会ったことがあると返ってきた。また、以前勤めていたカリフォルニア大学サンタバーバラ校では、ノーベル賞受賞者中村修二氏と同僚だったそうである。世間は本当に狭い。というより、私の世界が大学院に入ってから世界が急速に広まったという方が正確かもしれないが。

私はこういうちょっとしたところでの出会いを常に大切にしている。実を言うと過去にも似たような経験は何度かあった。今年の夏に登った苗場山でも、東大の超有名な先生の“いとこ”と話すという不思議な出会いがあった。

研究を遂行するうえで重要な能力はなにか。まだM1でペーペーの私に語る資格はないが、こういったところですごい人と出会うことのできる才能もまた、頭がキレることと同等以上に大切な重要な能力であると私は信じている。

なんとなく入ったインドカレー屋で思いもよらぬアカデミックな会話ができたことに満足した私は、幸せな気持ちで店を出た。

それにしても、我ながら私は頑張っているのではないかと思う。これはそのうち詳細に語ろうと思う話だが、私は決して中学時代にずば抜けていたわけではないし、高校時代はむしろ完全に落ちこぼれであった。それがいまではちょっとしたことで日本代表に選ばれたり*1インドカレー屋でインド人の大学教授と英語でアカデミックな会話に花を咲かせるなど、中高時代の自分からは想像もつかない自分になっているのだ。大学院に入学してからは料理・家事全般にも精を出して生活スタイルも確立してきた。自分で言うのも変な話であるが、少なくとも以前の自分と比べたら格段にかっこよく*2なってきているのは確実である。それなのにいつまでたっても女性からは恋愛対象にならないのはなぜか?趣味がジジ臭いから?服装がダサいから?永遠の未解決問題を抱えたまま、私は家路についた。

明日は一人で桟敷ヶ岳登山の予定である。いつの日にか(なるべく近いうちに)、一緒に登ってくれる素敵な女性が現れてくれればよいのだが。

*1:これについてはそのうち書きたいと思っている。

*2:容姿ではなく人間的にという意味である。